FC2ブログ

20代のゴルフ~初心者のおしゃれで楽しいゴルフ三昧ライフ~

スコアよりもオシャレなゴルファーになることを目指したいという、若者ゴルファーのためのゴルフウェア、グッズ、ゴルフ場に関する情報を伝えます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



面白かったら、ポチッとお願いします→ブログランキング☆



--:-- | トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


ゴルフコース好奇心


ゴルフコース好奇心―ANALYSIS OF A GOLF COURSE
4772840540マサ・ニシジマ

ゴルフダイジェスト社 2005-08
売り上げランキング : 32654

おすすめ平均star
starゴルフコースのバイブル
starこう言うを待っていた。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools




前回のエントリで、書を紹介した(といってもただ載せただけ)ところ、何と著者ご人からコメントを頂きました。載せただけでは、あまりに失礼ですので、簡単に感想を書かせていただきます。


書店のゴルフコーナーに行っていただければ一目瞭然なのですが、ゴルフに関するのほとんどは、レッスン書です。そうした状況の中で、書は、ゴルフコースについての知識、それも既存のメディアの中では知ることもないような知識、視点について学ぶことができるという点で、貴重であるし、新鮮である。それ故に、ベストセラーとなっているのでしょう。


著者がゴルフコースを評価する時のポイントとして、
・ルーティング(与えられた用地の中で、18ホールを結びつけるルートプランを作ること)
・スケール(攻略ルートが多くあり、プレーヤーの技量、その日の天候等によってルート選択ができることが可能なコースをスケールが大きいと呼ぶ)
・自然の地形と一体化しているか
・美観
・フェアネス(例えば、ブラインドになったバンカーや、飛距離のあるプレーヤーが有利になるコースはフェアではない)
等を挙げている。こうした観点から、ゴルフコースに見られる構成(例えば、フェアウェイど真ん中にある樹木の是非)について、解説をしていく。

また、歴史上、何人かの天才設計者が知恵を働かせ、イマジネーションを生み、ゴルフコースにイノベーションを起こしてきた。
という経緯が丁寧に説明されています。


私自身、名コースと呼ばれるコースに行ったことは数度しかないし、本書のような視点でゴルフコースを眺めることなどなかった。本書を読んで以来、こうした視点でゴルフコースに接してみると、新しい楽しみが増えたように感じる。

是非、皆さんも、本書を読んで、新しいゴルフの魅力に触れてみてください。

来週は、本書でも頻繁に紹介されていた奇才ピート・ダイ設計のコースに行く予定です。ピート・ダイの思想をよく予習して、コースと対峙してこようと思います。

最後に、
著者マサ・ニシジマ氏のサイト:
http://www.geocities.jp/teammasa3golf/index.html



スポンサーサイト



面白かったら、ポチッとお願いします→ブログランキング☆



00:18 | トラックバック:0 | ゴルフに役立つ本 |TOP



トラックバックURLは http://bobbyjones.blog70.fc2.com/tb.php/76-bd209f3a

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

プロフィール

bobbyjones

Author:bobbyjones
ゴルフをはじめてまだ3年のサラリーマンです。
会員権が欲しいです。
大阪出身で、今は長野在住。
年齢:25歳
職業:エンジニア

連絡先:

  nice_duffer@yahoo.co.jp

管理人のヘボスイング

今日のひとこと

ブロとも申請フォーム

ゴルフは音楽だ!

応援お願いします

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。