FC2ブログ

20代のゴルフ~初心者のおしゃれで楽しいゴルフ三昧ライフ~

スコアよりもオシャレなゴルファーになることを目指したいという、若者ゴルファーのためのゴルフウェア、グッズ、ゴルフ場に関する情報を伝えます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



面白かったら、ポチッとお願いします→ブログランキング☆



--:-- | トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


練習場を評価するためのチェックシート


練習場を評価するためのチェックシートを作ってみました。

未完成です。
少しづつ、バージョンアップしていく予定です。

■家からの距離
近いに越したことはありません。

■駐車場のスペース
広さはもちろん重要ですが、もっと注目したいのが、打席数に対する駐車スペースの数の割合。打席数の割に、駐車場スペースが少ないところが、たまにあります。

■受付
練習場とはいえ、きちんとしたジャケット姿で出迎えてほしいものです。笑顔は必須です。

■ロビー
重厚なソファー。ゴルフ雑誌とスポーツ新聞。ゴルフチャンネルを放送する大型テレビ。この3点セットは、是非ほしいものです。

■ゴルフショップ
あれば、ベター。でもマストではない。
ここで何かを買うことはないと思う。

■料金システム
打ち放題はマストですね。

■特別割引
平日割引、深夜割引、日曜早朝割引・・・

■ポイントカード
庶民は、ポイントカードが大好きです。
来場ごとに1スタンプを押すところが多いが、球数に応じて、スタンプを押す方式のほうがフェアだとは思う。

■座席選択方式
一番いいのは、受付に空き座席が表示されていて、そこから自分で選べる方式。でも、行ってみたら、マットが擦り切れてたというリスクもある。
次にいいのが、自分でうろちょろしながら、空き座席を探す方式。
最低なのは、受付の人が、座席を強制する方式。

■混雑具合
適度に混んでいるほうが、活気があっていいと思う。

■打席数のボリューム
多いに越したことはない。

■広角度
上から見て、扇型になっているところは基本的にNG。端に行くと、ネットがすぐそばにあって打ちづらい。
長方形型になっているのがベスト。

■距離
長いに越したことはない。
300Yあれば、かなりうれしい。

■グラウンドが芝か、人工芝か
芝のほうがいい。アプローチのランの長さを把握できるから。
ただ、芝のところはかなりレア。

■グリーンの数
多いに越したことはない。

■グリーンのボール自動清掃システム
あると、かなり有り難い。グリーン上にたまったボールを、自動的に掃いてくれるシステム。フラッグがパタッと90度倒れて、グリーン上をくるくる回って、掃き出す。

■ヤーデージの正確性
広く見せるために、水増しする練習場が、結構多い。

■ボール供給方式
完全自動方式、最初だけ手動方式、完全手動方式の3種類あって、それぞれ一長一短ある。

・完全自動方式
地面の下から、自動的に球が出てくる。一番の利点は、打った球の数がリアルタイムで把握でき、1球単位で打数管理できること。便利でよいが、調子に乗って、ポンポンと打ち過ぎてしまうというリスクがある。

・最初だけ手動方式
籠にボールを入れる。打席横の球出し機に、ザーァーとボールを入れる。球を打つごとに、球出し機がボールを供給してくれる。最初は不便だが、球セットの便利さにおいては、「完全自動方式」と同レベル。
難点は二つ。たまに、球出し機が詰まる、あるいは、球セットの位置出し精度が悪く、ティーの上にきちんとボールが乗らないというメカ品質に関する問題。もう一つは、ボールを50球、あるいは100球単位で買うので、1球単位での打球管理ができない。

・完全手動方式
一球ごとに、自分でセットする。今や、コースの付属練習場くらいでしか見かけない、天然記念物的存在。良いところは、一球づつ、丁寧に打てること。

■マットのコンディション
ふかふかである必要はないが、下地が見えているのは最低。
マットが起伏している、打つとズレるのも最悪です。

こういう座席に当たったときは、悪いライから打つ練習だと割り切って、前向きに練習しましょう。

■ティー高さ調整方法
一番よいのは、ボタンを押すと、1mm単位で好きな高さに調整できるタイプ。最近は、コレが主流。

次にいいのは、足元の板をカシャカシャ踏むと、ティーが上下するタイプ。

あまり良くないのは、3種類くらいのゴムティーを自分でセットするタイプ。最近の大型ヘッドの場合、45mm以上のティーが最適ですが、その長さがない場合もある。

■足下のミラー
自分のスイングをチェックできる。曲面になっているので、自分が少し大きく見える。

■ジャケットをかける用のハンガー
練習場の品格が、こういう細かいところに現れます。

■靴べら
練習場の品格が、こういう細かいところに現れます。

■打席後方の椅子
座り心地のいいソファーであれば、ベスト。

■照明
明るすぎるくらいの方が、いい。
グラウンド全体が、明るくなっているとうれしい。

田舎の練習場だと、ちょっと暗い。虫が集まってきて、バチバチ音がするのは最低。

■自動販売機
高めの価格設定をしている傲慢な練習場はNG。

■扇風機、または暖房機
無駄に大きいのが必須。

■おしぼり
夏は、冷たいものを、冬は、ポカポカのものを。


スポンサーサイト



面白かったら、ポチッとお願いします→ブログランキング☆



00:40 | トラックバック:0 | 未分類 |TOP



トラックバックURLは http://bobbyjones.blog70.fc2.com/tb.php/35-ab9ecbb3

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

プロフィール

bobbyjones

Author:bobbyjones
ゴルフをはじめてまだ3年のサラリーマンです。
会員権が欲しいです。
大阪出身で、今は長野在住。
年齢:25歳
職業:エンジニア

連絡先:

  nice_duffer@yahoo.co.jp

管理人のヘボスイング

今日のひとこと

ブロとも申請フォーム

ゴルフは音楽だ!

応援お願いします

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。